身体の悩みは美容外科医師におまかせ|みんなの美容整形事情

施術方法

鼻の形を好みどおりにデザイン

鼻中隔延長術とは美容外科手術の1つで、鼻の長さを延ばしたいときに行うものです。鼻中隔とは鼻の穴を左右に仕切っている壁のことで、先端部は軟骨になっています。この軟骨部分の長さを継ぎ足すのが鼻中隔延長術です。 日本人は西洋人に比べるとこの鼻中隔が短いと言われています。そのため鼻が上向きがちになり、正面から鼻の穴が見えてしまうようなこともあります。鼻中隔延長術は、こうした状態を改善します。長さや延ばす方向はある程度自由に設定できるので、好みの鼻の形をデザインすることができます。 術後のダウンタイムは1週間程度です。その間は鼻をギプスで固定し、運動なども制限されるので注意が必要です。なお、手術は鼻の穴の中で行うので手術痕は目立ちません。

自分の骨を使うので安全性も高い

鼻中隔延長術に使う軟骨は、通常は同じ鼻中軟骨の後ろの方から採取します。十分なサイズが得られない場合は耳介軟骨や肋軟骨を使用しますが、その際は身体の別の場所にもメスが入ることになります。 採取した軟骨は鼻中隔軟骨の先端に移植されることで、固着します。固着後は安定した状態になるので、時間が経つにつれて長さが元に戻ってしまうといったリスクはありません。 鼻中隔延長術はいわゆる豚っ鼻と言われるような鼻の形を整えるのに有効です。またプロテーゼと呼ばれるシリコンを使った隆鼻術を行ったが満足のいく状態にならなかった場合、それを修正するために利用されることもあります。単に下に延ばすだけでなく、前方に向かって高くすることもできます。